夢なんて持つべきではない。




というよりも、
私的には夢を持つのはいいがその夢を叶えようとする努力の必要があるのかということだ。
夢というのは努力せずして手に入れることはできない。



それと同じように、
どんな物事も成功するには努力しなければならない。
私もそうやって努力してきた。
好きな人がいることは、
強くなれるということだ。


誰かを愛していれば強くなり、愛せないと強くなるには困難がつきまとう。




人はだれかを愛さざるをえない。
どんな状況でも、
恨みや嫉妬よりも強い感情なのだ。
物事をする際、
それが出来ると思うことが大事だ。




可能であれば確実に成功するし、そのイメージが勝負を決める。


出来ると思うのならば、
絶対に成功することをイメージするべきだ。
何事も、
中継ぎっていうのは大事だ。



途中に何もないで受け渡されたら困るだろうし、
その続きには必ず途中経過がないと困る。




つなぐとは、
そういうことである。
誰かの面倒を見る大切さは、
世の中を良くするのに似ている。



少しだけ誰かが力を貸せば人が助かることもあるし、
少しだけ誰かが仕事をすればみんなで大きな力になることもある。





人は必ず。
共存しているのだから当然のことなのだが。
ビジネスのことを事細かく書いている本などがあるが、
正直言ってそれらのものは必要不可欠だろうか?



元々本というのはそういうものだが、
必要な人に必要なものをもたらしている。




もし、
ビジネスを始めたい人がいるのであれば、
本を読んでみてはいかがだろうか?
もちろん、
動画メディアやメルマガと行った手法もあるが、本は情報が整理されているため、非常にわかりやすいものだ。
人生にある時間は限られている。



その人の生きられる時間には限界があり、どれだけ抵抗しても寿命が来たら時間切れだ。






いつまでもゆったりとはしていられないのだ。
謎謎謎。




謎だらけ。

まったく意味がわからないことがあったりするのが世の中だ。





人の世界には、
そんな謎がいっぱいある。
そんな謎を数多く人生で見ていきたいものだ。
力を強調する必要はない。


だが、
その力で守れるものがあるのならば、
守ったほうがいいのだろう。




そして、
その守れる力があるからこそ、
守れるものもいるのかもしれない。
戦っても戦っても特をしないのが戦いだ。

これに得を求めてはならない。
やればやるだけ無駄な犠牲は増えるのだから、戦いとは自分の誇りを誇示するための争いなのだ。
使えるものは何でも使う。
だが、
使えないのならば迷わず捨てる。

それくらいに人というのはシンプルになれる。

シンプルになれないのならば、
それはまだ二流なのだ。
誰よりも先に。


親よりも家族よりも他人よりも先に。



人生の先輩よりも
人生よ後輩よりも先に。



ずっとずっと更に先に。
永遠に誰よりも強くなるのならば、一瞬たりとも立ち止まってはならないのだ。
健康は管理しているか?



体が満足行かなければなんの満足な行動もできない。


人は満足の行く高度ができてこそ楽しみを得られる。
それが、
本当の満足である。